ダストボックス交換工事

アパート・マンションでお困りごと上位に入るダストボックスの交換を格安価格で交換させていただきます!(価格はページ後半にあります!)

 

はじめに

ゴミステーションは家庭系のゴミを一時的に集積する場所のことを言い、マンションやアパートといった集合住宅の敷地内や、町内会、飲食店、店舗などに設置されています。

 

目的はゴミ出しのマナーを近隣住民や同じアパート・マンション内の人達と共有することや、ゴミの分別意識を高めること、集積場所を決めゴミの回収をしやすくするためです

各建物ごとにゴミの出し方やダストボックスの種類が異なっているかと思います。ゴミ捨て場の環境は誰もが生活において深い関わりを持つ場所になります。

 

建物の前でゴミが散乱していたり、オープンに捨ててあると、衛生上は景観上も決して良い状態ではありません。部外者が指定日でもないゴミをポイっと捨てやすくなります。そして、徐々に恒常的に汚くなっていくんです。そんな家に住みたい人はなかなかいないですよね。

 

大袈裟に言えば外壁や内装の劣化と同じくらいゴミステーションの環境劣化は物件の印象に直結しています。

 

ダストボックスの選び方

①サイズ

 

ゴミ箱型から物置タイプまで、サイズはさまざま。設置する場所の広さに合わせて選びます。狭い道路沿いには幅狭タイプなど、縦横奥行きを考慮します。

 

収集庫の扉をあけたときに、充分なスペースがあるかも重要な確認事項!45Lの家庭用ゴミ袋がいくつ入るかがだいたいの目安になります。世帯数に合わせて連結することも検討できますね。

 

ダンボールや大型ゴミの収納も考えている場合は、それに合わせたサイズを選ぶのをお忘れなく!

 

②材質・素材

 

☆ステンレス
雨風にさらされる屋外なら、サビに強いステンレスがおすすめ。

スチールやアルミと比べてややはお値段は高め。
素材の耐久性が優れているので、長く用で使きます

 

☆スチール
鉄製ですが、塗装処理がしてある商品がほとんどなので屋外で使用しても大丈夫!

頑丈なので耐久性にすぐれています

 

☆アルミ
軽い素材でサビにくい
のが特徴。
ステンレスやスチールは組立品が多いですが、アルミは完成品タイプも少なくありません

 

☆樹脂
耐光性
を考えるなら樹脂。完成品がほとんどです。
継ぎ目がないので液状の漏れなどの心配がなく他の素材と比べると密閉度も高め
その分、におい対策はしっかりする必要があります

 

③扉の開閉のしやすさ

 

ゴミを入れる際の扉の開閉も注目ポイント
扉の位置が低い左右開きタイプか、上からゴミを入れるタイプが一般的。
重いゴミや大きいゴミを入れるときに大変にならないものがいいでしょう。

大きな開閉口はゴミの出し入れが簡単ですが、素材によっては重さがあって力がいることも。
ダンパーを使用してラクに開閉できる機能がついていたり、前開きや上下にスライドする機能がついているものも増えています。

 

鍵の取付け・メンテナンス性

 

ほとんどの商品が鍵は別途用意ですが、市販の南京錠取り付けられる仕様がどうかは、必要に応じて確認しましょう!
ゴミ収集期間や使用者を管理する場合などは、考慮するポイントです。

また、ゴミを一時的に保管しておくものなので、必ず汚れが発生します
ゴミが隅にたまりにくい構造だったり、底板をはずして手入れができたり

水抜き穴つきで雨水などがたまらない構造だったり、ラクに掃除ができることを考えるのも大切です!

 

商品紹介

                                                              

                                                               

 

商品サイズ一覧

 

                                                              

 

 

ダストピッドはヨド物置で有名な「ヨドコウ」の集合住宅に便利な機能性を詰め込んだダストボックスです。

中でもLタイプは形状にも高級感があるので多くのオーナーさんからも外観をよくする用途でも好まれるシリーズです。

ボディがアルミ製なので錆びにも強く、長期間使うことができ、メンテナンスも非常にラクなのでオーナー様に優しい仕様です。

サイズも複数あり戸数や設置する戸数によって選ぶことができます。一戸当たり2つの袋を捨てられるくらいの容量があるとよいと思いますので容量のリットルで選ぶのがわかりやすいと思います。

425ℓタイプの[DPLA-0906]が定価から36%オフの税込102,500円
575ℓタイプの[DPLA-1206]が定価から36%オフの税込110,200円
725ℓタイプの[DPLA-1506]が定価から36%オフの税込118,600円
875ℓタイプの[DPLA-1806]が定価から36%オフの税込141,100円


上記の価格はネットショップで購入するものと変わらない価格ですので管理会社にお願いするよりも20~30%ほどコストを抑えて交換が可能です。

施工費はダストボックス一つあたり税込33,000円で施工させていただきます。

複数設置の場合には価格も調整いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

 

ダストピッドNタイプは最もポピュラーなタイプのダストボックスです。低価格ながら丈夫で使いやすいため人気があります。

ヨドコウの技術が生み出したプレコートカラー鋼板(スチール製不燃材)を採用しており、錆に強い・美しい、長持ちの三拍子がそろっています。

サイズと価格は下記のとおりです。

650ℓタイプの[DPNC-650]が定価から36%オフの税込76,700円
850ℓタイプの[DPNC-850]が定価から36%オフの税込83,800円
1050ℓタイプの[DPNC-1050]が定価から36%オフの税込97,300円

施工費はダストボックス一つあたり税込33,000円です。

                                                              

ダストボックス・ミニ(dustboxmini)は100人乗っても大丈夫のCMで知名度がある「イナバ物置」のダストボックスです。

DBNタイプはシンプルなデザインで連結しやすいものになっておりますので分別などの組み合わせがしやすい形になっています。

今までにない「引き出せる床」の機能があるのでお掃除がとってもしやすいのが特徴です。

サイズと価格は下記のとおりです。

約800ℓタイプの[ DBN-147]が定価から32%オフの税込71,500円
約1000ℓタイプの[ DBN-187]が定価から32%オフの税込81,800円
約400ℓ+400ℓタイプの[ DBN-106ML-2]が定価から32%オフの税込87,600円
約500ℓ+500ℓタイプの[ DBN-126ML-2]が定価から32%オフの税込97,900円

施工費はダストボックス一つあたり税込33,000円で施工させていただきます。(複合タイプも1つ換算)

 

                                                            

DCNタイプは高さと奥行がDBNタイプよりも大きいタイプなので小さな床面積で大きな容量を確保することが可能です。

サイズと価格は下記のとおりです。

約1300ℓタイプの[ DCN-149M]が定価から32%オフの税込105,600円
約1600ℓタイプの[ DCN-189M]が定価から32%オフの税込120,400円

施工費はダストボックス一つあたり税込33,000円で施工させていただきます。

 

 

 

<

オーナー様向けお問合せ・
お見積り

0120-972-695
営業時間 9:00~18:00